トップページ

    このサイトではレクサスの査定相場を知って高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「レクサスの査定相場をチェックして高く買い取ってくれる車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの一括査定サイトで調べてみてください。

    トヨタの高級車ブランドであるレクサスを高く売却するためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定を依頼して、あなたが乗っているレクサスの査定相場を知る」ということです。1つの買取業者のみとか家の近くにあるレクサスディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サイトなら2~3分位で入力できるので、ちょっとしたすき間時間で利用できます。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、レクサス(LEXUS)の査定額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社にレクサスの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみ」と記載すれば電話がかかってこないので安心です。もちろん、全国に対応していて無料。

    「少しでも高く売りたいからレクサスの査定相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているレクサスの査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。
    オークション形式で最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくので、レクサスを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスといえば、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。レクサスの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで買取業者の約2000社が入札形式で査定価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちのレクサスの査定相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのレクサスでも高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者がレクサスの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたレクサスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携している業者も200社以上で、複数の業者が高級車のレクサスを査定してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年乗ったレクサスを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    レクサスの買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたレクサスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。

    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10業者がトヨタの高級車ブランドであるレクサスの高額査定をしてくれます。
    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    買い取りする車を査定する時に、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定額はどんどんダウンします。

    距離数が5万キロメートル以上走っている車に関しては「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    総走行距離が10万kmより多い車は一般に過走行車といわれ、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう元凶となります。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、車体やドアなどを板金で直してあってもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは人によって好みが分かれてしまうので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングにより常に流動的なものですから、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    買取対象となる車を業者が査定する際は、複数のチェック項目ごとに基準値を設けて加点減点を行い評価額を割り出します。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、大きなマイナス点をつけられる事態になりかねません。

    自動車修理の実績と道具があるのなら別ですが、普通は現状で売る方が金銭的にもトクです。

    天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、ボディのキズが見えにくいので査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。

    けれども実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。

    また、よく手入れされた車両というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    天気がどうこうという話では昔からこちらが絶対有利なんてものはないですし、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    車の買取を行っている店舗に車を持って行って当日中に査定してもらいたい時は、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ飛び込みOKというところが多いです。

    ただ、飛び込み査定のときは比較対象となる他社見積りもなければ、提示された価格を「安い」「高い」と判定する基準もありません。

    仮に相場を無視した大幅な安値で買われてしまうこともあります。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうが良い値段がつきます。

    自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、支払い方法や車の売却金額、名義変更の期日など、大切な事柄に関してはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。

    口約束だけで済まそうとする相手とは、後々いざこざが起きてしまう可能性があるので、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで買取業者による現物査定が行われ、最終的な買取額が算定されます。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと売主の口座に売却代金の振込があります。

    所有者が自分名義でない車でも売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、こうした書類を揃えることは不可能ですから、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    その場合は書類も増えますし、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。